五輪峠

【開催日】平成24年6月24日(日)

五輪峠001

26日(火)NPOネットが募集した30名の人達が五輪峠を歩くというので、10名の応援を得て五輪峠の刈り払いに行きました。今年度初めてなので、松の大木が2本倒れており、イタドリは高さ3Mにもなり、大変でした。
疑問:宮澤賢治イーハトーヴ風景地の一つ「五輪峠」にエリア外とはいえ、鉄塔が立っていました。風景地を守ろうとする者の気持ちも考えてほしかった。

五輪峠002

五輪街道整備春ゼミが鳴き、大ルリのさえずりを聴き、木陰で休む8人の侍この辺が丁度中間地点。下からの入り口の案内板をたてました。

【開催日】平成24年6月26日(火)晴れ

五輪峠003

五輪峠004
30名程が五輪峠にやってきました。途中、胆沢平野が見える場所で休憩をとりましたが、その時大ルリが正に瑠璃色のきれいな姿で森の中へ。

五輪峠005

五輪峠006
佐伯邸前で

「五輪峠」で佐伯研二事務局長から「宮澤賢治と五輪峠」の説明を聞き、いざ出発。木漏れ陽の雑木林の小道は腐葉土でやわらかく、歩きやすい。道端にはミヤマオダマキ草やホタルブクロが、上を見れば朴ノ木の大きな葉に白い大きな花に歓声が。また、木いちごの実や山桑の実を頬張り、あっという間の50分で上大内沢に。バスで佐伯邸に行き、昼食を食べ、佐伯事務局長のお話を聞いていた時、誰かが「あっ、かわいい小熊」。木の陰から小熊も一緒に聞きたかったのか、顔をのぞかせていました。みんなの楽しい1日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です