第1回『賢治の森』整備 眺望広がる!

賢治の森整備

賢治の森整備

賢治の森整備

賢治の森整備

賢治の森整備

 樹木が大きくなり「賢治の森」からの眺望が悪くなったという情報があり、賢治ファンのためにも賢治の見た種山ケ原を取り戻そうと話し合い、市の了解を得て、12月17日(土)雪が降る中『賢治の森』の整備を実施した。前日は夕日に照らされて大森山がきれいに見えた。気がめいったが、まず行動するベーと地区センター出発。種山ケ原は麓よりは雪が多いもののそれほどではない。しかし、時々吹雪く。早く終わらせようと、さっそく打ち合わせをして活動開始。チェンソーを持ってきた人は松の木等を伐る。草刈り機や鎌を持ってきた人は笹を刈る。それ以外の人は木を切る人のアシスト。3時間ほどで30本位の木を切り倒し、見晴らしがよくなった。しかし、松の木3本、山桜の木1本だけは残した。笹薮の中に「蓮華つつじ」がいっぱいあることを発見。来年笹薮を刈って、つつじの花のステージを復活させることにしたい。また、建石はこれまで蔦漆のために低くなったと思ったが、東日本大震災の被害がここにもあったことが分かった。みんなで建石の前で記念写真を撮り、本日の作業終了。
 昼食は産直のおにぎりとポランのラーメンで温まり、解散。帰途平澤さんに牛の赤ちゃんが生まれたと知らせが入り、賢治の森整備事業第一弾終了の安堵感と共に祝杯を挙げたい気持ちになり。夕方数人が集まり焼き鳥で祝杯?全くのボランテイアで参加してくれる皆に感謝!

《参加者》菊池春男、小竹倉男、平澤孝順、三井紀悦、安西忠昭、千田武宏、鶴田清、佐賀秀一、千田正文、熊谷哲郎、菊池隆紀、後藤清孝、佐賀賢一、佐伯研二、山崎勝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です