講話会「日本の文学を守った人―佐伯郁郎」

10月26日午後6時から人首文庫において標記講話会を開催し、佐伯郁郎(本名慎一・米里出身)先生の生き方についてお話をしていただきました。村山氏はこれまで人首文庫を訪れ、佐伯郁郎の生涯を研究し、昨年度千代田区図書館で企画展「文学のわかる検察官―佐伯郁郎について」を4ケ月間開催しました。今回村山先生が盛岡で開催される研究会に出席する途中、人首文庫を訪れるということで、講話会をお願いしたところ快くお引き受けいただきました。

続きを見る>>講話会「日本の文学を守った人―佐伯郁郎」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です