種山ヶ原の「蓮華つつじ・野芝を守る取り組み」秋じまい

10月30日物見山へ向かう市道の草刈りを終え、種山ヶ原の作業を終えました。今年参加してくれた人は延120名でした。多謝! 放牧の牛たちも里帰りをしています。
笹やぶからツツジが顔をだし、春には野芝と共に東菊や春リンドウなど訪れる人を喜ばしてくれると思います。
種山ヶ原の「蓮華つつじ・野芝を守る取り組み」秋じまい

続きを見る>>種山ヶ原の「蓮華つつじ・野芝を守る取り組み」秋じまい(PDF:4.6MB)

秋じまい

9月を過ぎると、種山ヶ原はもう晩秋。山桜の葉も散り始めています。物見山はノアザミの花が過ぎ、まだヨメナや千振の花が咲いていますが、今年最後の草刈りを行いました。天気予報では晴れだったので、岩手山もきれいに見えるだろうと思ったのですが、奥羽山脈全体が霞んでいました。
それでも平均年齢79歳の6名は野芝や蓮華つつじを守る取り組みをしました。年3回刈っているのですが、笹はどうしてこんなにもと思うくらい元気に出てきます。
笹のエキスを薬にすることもうなずけます。草刈りの後のお茶は格別です。草刈りの途中携帯に電話があり、賢治の森付近で事件があったようで、人手も必要だろうと早々に切り上げ賢治の森に急行。事件内容は後日。
山ぶどうが、今年は結構種山ヶ原にも生りました。千振の姿は激減しましたが、小学生の頃図書館の本購入のために、全校で千振採りに白山堂に行ったことを思い出しました。
秋じまい
来年もきれいな野芝が見られると思います。

賢治の森草刈り1日目

稲刈りや諸行事で3名だけで取り組んだ。
やはり今朝もサブちゃんがいた。光紀君はすでに刃を研いで待っていた。
作業終えて三井さんとコウタケ採りに山に入った。4日前に残しておいたキノコを誰もとっていなかった。良かった。香茸というだけあって香りのいいキノコである。
家内がすでにきって干していた。
秋じまい

賢治の森2日目4人 10・15

朝は少し雨、しかし良い天気になり気持ちがいい。
秋じまい
秋じまい