12年目の活動を開始

【イーハトーヴ風景地種山ヶ原の整備活動】

新型コロナで人間の世界も大変な世の中だが、アナグマ、イノシシ、キツネ等獣の姿が多くなった。天然記念物のカモシカは増えすぎて、農家では困っている。自然豊かになるのはいいが……

先日種山で山菜たらの芽が目に入り、とろうとしたらカサッと音がした。ジッとあたりを見ると黒いものが100m以内に見えた。小熊2頭をつれた熊だ。小熊が音を立てたのだろう。車からカメラを持ってきて、写真を撮ろうとカメラを向けると、気配を感じたのか、小熊を隠した様子だ。おっかなびっくりでボケているが、記念すべき1枚だ。

続きを見る>>12年目の活動を開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です