「星の楽校」

人首小学校の5・6年生の種山ヶ原合宿が、6月24日~25日に行われ、私たちは星の観察会をお手伝い。しかし、あいにくの雨で食堂での映像を見ながらの学習になりましたが、大江昌嗣先生や酒井栄さんが中心に奥州宇宙遊学館の7名方々が、色々な角度から星の世界やブラックホールのことなどをお話していただきました。一般の方も10人程参加し、非常に興味深い話でみんな満足したようでした。次回は校庭で星の観察会をしましょう。
星の楽校

6月の五輪峠

続きを見る>>6月の五輪峠(PDF)

賢治先生も聴いた「アンジェラスの鐘」

 宮沢賢治は、人首を訪れ、朝・昼・夕に鳴るカトリック教会のアンジェラスの鐘の音を聴いています。
人首カトリック教会は明治17年に設立され、38年にはフランス製のアンジェラスの鐘が人首町に鳴り渡りました。そしてカトリック教会から400m程離れた所にロシア正教会があり、ハリストスの鐘の音も聴いているはずです。教会はジャッケ神父・ドシェ神父・マリオン神父等によって伝導が続けられ、戦後になると渡部一雄夫妻がカトリカ教会に赴任し、伝道活動を続けました。

続きを見る>>賢治先生も聴いた「アンジェラスの鐘」(PDF)

種山ヶ原、五輪峠の麓にも春が来た!

農家は鹿、カモシカ、イノシシの被害に悩んでいますが、桜もウソやヒヨドリの被害を受けています。
てっぺんの桜の花芽をウソに食べられて咲いていないのです。みんな生きるために一生懸命ですネ。

続きを見る>>種山ヶ原、五輪峠の麓にも春が来た!

12年目の活動を開始

【イーハトーヴ風景地種山ヶ原の整備活動】

新型コロナで人間の世界も大変な世の中だが、アナグマ、イノシシ、キツネ等獣の姿が多くなった。天然記念物のカモシカは増えすぎて、農家では困っている。自然豊かになるのはいいが……

先日種山で山菜たらの芽が目に入り、とろうとしたらカサッと音がした。ジッとあたりを見ると黒いものが100m以内に見えた。小熊2頭をつれた熊だ。小熊が音を立てたのだろう。車からカメラを持ってきて、写真を撮ろうとカメラを向けると、気配を感じたのか、小熊を隠した様子だ。おっかなびっくりでボケているが、記念すべき1枚だ。

続きを見る>>12年目の活動を開始

「種山ヶ原」の再生と子ども達の心を育むために

「蓮華つつじ・野芝を守る」取り組み

<令和1年度の取り組み>

先日花巻生まれの元同僚の年賀状に「小学生の頃、父に種山ヶ原へ連れていってもらった時、広い草原で、いいところだったと記憶している。もう一度行ってみたい。」と書かれていた。小学生の時種山ヶ原で裸馬に乗せていただいたことがあった。お尻が痛かったことの方が強烈だが馬の背に乗ったせいか確かに広いと感じた。

木細工の人達は、秋の放課後はよく賢治の森にのぼって秋グミやヤマナシを食べたと言う。その頃は、一面野芝で裸足でも歩けたと言っていた。

少しでも昔に近づけたいという思いもあって、市の助成をいただきながらこの取り組みを続けている。意義に賛同し、参加してくれた人たちに感謝の気持ちでいっぱいだが、老齢化が進み、参加者が減ってきた。

続きを見る>>「種山ヶ原」の再生と子ども達の心を育むために