ふる里ニュース瀬戸早妃さん(ミュージカル「ヒトカ伝」のヒロイン)首都圏鳴瀬会に!

瀬戸早妃さん正にサプライズ、首都圏鳴瀬会にあの瀬戸早妃さんが登場。びっくりしました。どうやら実行委員長利府勝利さんが所属事務所にお願いしたらしい。皆さんびっくりでした。踊りにも参加してくれ、会も大いに盛り上がり、とても楽しい会になりました。ありがとうございました!
ミュージカルでも歌、踊り共に素晴らしかったが、突然のご挨拶にもかかわらず、よくここまで学習したなと感心しました。俳優さんの凄さを再確認。これからのご活躍に期待しています!
瀬戸早妃さん

五輪峠

【開催日】平成24年6月24日(日)

五輪峠001

26日(火)NPOネットが募集した30名の人達が五輪峠を歩くというので、10名の応援を得て五輪峠の刈り払いに行きました。今年度初めてなので、松の大木が2本倒れており、イタドリは高さ3Mにもなり、大変でした。
疑問:宮澤賢治イーハトーヴ風景地の一つ「五輪峠」にエリア外とはいえ、鉄塔が立っていました。風景地を守ろうとする者の気持ちも考えてほしかった。

五輪峠002

五輪街道整備春ゼミが鳴き、大ルリのさえずりを聴き、木陰で休む8人の侍この辺が丁度中間地点。下からの入り口の案内板をたてました。

【開催日】平成24年6月26日(火)晴れ

五輪峠003

五輪峠004
30名程が五輪峠にやってきました。途中、胆沢平野が見える場所で休憩をとりましたが、その時大ルリが正に瑠璃色のきれいな姿で森の中へ。

五輪峠005

五輪峠006
佐伯邸前で

「五輪峠」で佐伯研二事務局長から「宮澤賢治と五輪峠」の説明を聞き、いざ出発。木漏れ陽の雑木林の小道は腐葉土でやわらかく、歩きやすい。道端にはミヤマオダマキ草やホタルブクロが、上を見れば朴ノ木の大きな葉に白い大きな花に歓声が。また、木いちごの実や山桑の実を頬張り、あっという間の50分で上大内沢に。バスで佐伯邸に行き、昼食を食べ、佐伯事務局長のお話を聞いていた時、誰かが「あっ、かわいい小熊」。木の陰から小熊も一緒に聞きたかったのか、顔をのぞかせていました。みんなの楽しい1日になりました。

今年の「賢治の森」

昨年、初冬の吹雪の日、宮澤賢治が訪れた頃のような草原の種山ヶ原にしようと会員15人で松の木を伐採し、笹を刈り、幾分眺めのいい「賢治の森」になりました。
蓮華つつじが去年よりたくさん顔を出し、少し咲き始めました。6月4日の山開きには多分満開でしょう!残念なのはまだまだ灌木が多いということです。賢治の見た「種山ヶ原」には程遠い風景です。どうにかせねば・・・・・

2012今年の賢治の森-001

2012今年の賢治の森-002

薄紫の「東菊」が一面に咲いていました。蓮華つつじが少し咲き始めました。昔、放牧された馬は草や笹は食べるが蓮華つつじを食べないと言われています。そのために蓮華つつじだけが残ったのでしょう。因みに東菊を昔「皿っこ花っこ」と言っていたような。

2012今年の賢治の森-003
蓮華つつじが少し咲き始めました。昔、放牧された馬が蓮華つつじを食べないために残ったと言われています。

2012今年の賢治の森-004
牧草が伸びて、気持ちのいい高原ですが、放射能の量が基準より多いということで、放牧は中止。また、土も掘り起こさなければなりません。今は、もう問題はありません。カッコーが大きな声で鳴(泣)いていました。私たちも「宮沢賢治の詩の原風景」を取り戻すために頑張ります。11月には木や笹の刈り払いを実施します。ご協力をお願いいたします

「石の学習会」と「涙ぐむ眼」

平成28年8月7日
今年の「石の学習会」は埼玉大有機農業研究会、文化財調査委員会、教育振興会の人達が参加して行われ、講師は佐藤昭治さん(米里戸中)と原子内貢先生。学生達は坑口から出てくる冷気に驚いていました。前日は坑口から白く冷気がでていただけに、それを見せられなくて残念でした。佐藤昭治さんからは戸中金山の歴史、原子内先生からはこの周辺の鉱石について説明がありましたが、興味関心のある学生が多く、先生に熱心に質問をしていました。

続きを見る>>「石の学習会」と「涙ぐむ眼」(PDF:0.2MB)