女流義太夫を聴く会

10月6日午後2時から「人首文庫」で「義太夫を聴く会」が開催されました。重要無形文化財指定の女流義太夫24名の内の2名 竹本越孝氏、三味線・鶴澤寛也が来られ、義太夫についての解説を入れながら二つの演目を上演していただきました。その話に涙を流す方もおられ、皆さんすっかり聞きほれていました。初めて義太夫を聴く方が多く、忘れられない一日になりました。
主催していただいた「長寿を祝う会」吉田毅さん、門脇生男さんに感謝申し上げます。

続きを見る>>女流義太夫を聴く会

秋の「蓮華つつじと野芝を守る」を守る取り組み

秋は物見山駐車場周辺の草刈りと「賢治の森」の整備を実施。60年も前は全体が野芝で物見山まで裸足で行けたという。しかし、戦争も終わって馬の放牧もなくなり、牛に代わってしまった。馬は草を食べるが、蓮華つつじを絶対に食べない。そのために、種山ケ原には蓮華つつじがいっぱい咲いていたという。野芝も馬と牛では草の食み方が異なるので、牧場の野芝の状態も変化し、やがて牧草に代わっていった。牛の放牧の数も減り、自然に種山ケ原には灌木が生え、松の木が周りを覆うようになってきた。「賢治の森」も松に覆われ、物見山が見えなくなり、8年前の吹雪く中みんなで切り倒し、視界が開けた。

続きを見る>>秋の「蓮華つつじと野芝を守る」を守る取り組み

第4回星の楽校

6月23日大江校長先生の指導で、惑星の観察を実施。今回は火星・木星・金星に重点をおいて、観察。木星の衛星も見え、参加者は大喜びでした。米里保育園の先生方も参加し、大いに楽しんでいました。大江校長先生、宇宙遊学館の皆さん、ありがとうございました。
8月は白川さんを先生に計画しましたが、天気が悪く、できませんでしたが、寒いですが、今年度中に実施したい。

続きを見る>>第4回星の楽校

川遊びをしよう!

第9回「石の学習会」

会場:荒町橋下

8月4日第9回「石の学習会」を米里振興会生涯学習部とのの共催で下記のねらいで開催。

  • 石にも名前があり、親せきがあることを知る。
  • ふるさとの川の生き物の様子を見て、体感する。
  • 人首川では幻の魚になった「カジカ」を見つける。

講師は原子内貢先生。最近,カジカを見たとの情報で地元の大人達が昔使った「水メガネ」を人首ゆめ工房木工部(世話人大内喜三氏)に依頼し、20個作っていただきました。この製作には三井紀悦氏が子供たちのために工夫して、壊れやすいガラスの代わりにアクリル板を、そして軽い「水メガネ」を作っていただきました。

続きを見る>>川遊びをしよう!

第3回「星の楽校」

6月8日(金)奥州宇宙遊学館の大江昌嗣校長先生、曽部指導員を講師に人首小学校グランドに人首小学校と木細工小学校の児童19名、保護者、会員、小学校の先生方40名程が集まり「星の楽校」を開催。雷が鳴り、雨が降りそうでしたが、無事終了。

続きを見る>>第3回「星の楽校」